「平成29年度インフルエンザQ&A」に関する厚生労働省からの通達

厚生労働省 平成29年度インフルエンザQA

インフルエンザの流行期を前に国の厚生労働省からの感染症の対策として、予防接種などインフルエンザに関する「Q&A」をご紹介します。

インフルエンザに関する基本的な知識と情報や流行期の対策、また、日本国内で主流とされるインフルエンザウィルスの分析、世界状況、歴史を知ることが出来ます。

予防や対策に関する情報サイトはネットでググれば、多くのサイトがヒットします。

でも大方、インフルエンザに関して網羅されているサイトの原型、基本となるのは、厚生労働省からの「インフルエンザQ&A」のページです。 ですから、厚生労働省からの「インフルエンザQ&A」をご覧になれば、ほぼ必要な情報を得ることが出来きます。

以下、厚生労働省サイトのインフルエンザ関するページをリンクいたします。

平成29年度インフルエンザQ&A

【マスク】:インフルエンザの予防と対策

fever-thermometer-1935504_640.jpg

新型インフルエンザの感染が広がっています。新型インフルエンザのマスクでファッションセンスを競うというようなことをいっていらっしゃる方がいました。ちょっと不謹慎な発言ではないかなと感じたのですが。

でも、これだけ感染者が多く出ているのですが、季節性のインフルエンザと、新型インフルエンザと同じような感覚を持っていらっしゃる人が多いのにとても驚きます。

健康な成人であれば、感染したとしても、その症状は比較的軽く、中には感染してもほとんど発症せず、症状としてあらわれないという人もいるといいます。

でも、これからの季節は、特にウィルスが蔓延する季節ですから、新たな新型インフルエンザが出ないとも限りません。

マスク対策は、そのようなウィルス対策のまず、始めにできる基本の対策方法かと思います。マスクは、何もインフルエンザ対策のみで活用されるだけでは有りません。

通常の風邪などでは、人にうつさないためにもマスクは必要ですし、また、花粉症のかたにもまず、マスクは欠かせませんね。


インフルエンザの予防と対策の基本

人ごみが気になる場所へのお出かけ時、花粉の季節、 咳やクシャミが気になる時、ホコリが気になる お掃除の際などにも、おすすめです。通勤や通学など、日常生活において他人との接触は避けられません。すぐにできることの一つが外出時のマスク着用。顔全体をすっぽり覆うプリーツ型で、鼻にぴったりフィットするノーズフィッターと肌触りの良い不織布によって快適な着け心地を実現しています


細菌遮蔽率(BFE)99%以上!米国NELSON 検査研究所規格の高い防塵性能を 兼ね備えている圧着3層構造の使い捨てマスク。 官公庁、大手企業にも納入実績のある最高品質マスクです。

通気性が良く、爽やかな装着感です。

大きく広がる3段プリーツで、鼻から口元・顎下まで 広く覆うことができます。

マスク上部のノーズブリッジにより呼吸漏れが少ないので、 メガネも曇りにくく、メガネをご使用の方でも使いやすい。

耳が痛くなりにくい柔らかい丸ゴムを使用。



インフルエンザ対策に優れた光触媒マスク

インフルエンザの感染が猛威を振るっています。真冬の寒い季節には、インフルエンザウィルスの感染率は高くなります。

新学期が始まるや否や学級閉鎖になった学校もあり、これからの季節、インフルエンザの感染に注意しなければなりません。インフルエンザの感染予防のために大切なことは、人のいる場所での空気感染を防ぐためのマスクの着用です。

光触媒でインフルエンザ予防するはマスク対策はとても優れています。

光触媒マスクは、使い捨てではなく繰り返し何度も使用することが出来ます。




不織布製マスクについて

「不織」とは、そのまま解釈すると織っていないという意味。 

大抵の場合、繊維と繊維が折り重なっているのが布になるですが、この「不織布」というのは、繊維の元になる糸は使用しておらず、科学的に合成されて作られた物質となります。

昔からフェルト製品もこの「不織布」の一種となります。

素材は、ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維でできており、丈夫で安価であるということがあげられます。


マスクフリーでインフルエンザ対策

わたし達の生活と暮らしの中では、体に悪影響を及ぼす様々な危険と隣りあわせで、毎日を過ごしているのです。人は生きるためには、鼻や口から呼吸をしなければなりません。


体に害を及ぼすいろんなウィルスが、口や鼻から入ってきます。今とても心配なのは、新型インフルエンザです。日頃の予防対策は欠かせません。多くの方の予防対策の一つにマスクがあります。

マスクって外国ではほとんどしない国もあるのだそうです。

今、注目されているのが「マスクフリー」という商品です。

マスクフリーを試してみました。

リンゴのフルーツの味とさっぱりとした後味のミントをくわえた美味しいタブレット方のサプリメントです。サプリメントなので栄養補助食品として健康の為に、インフルエンザの予防の為におススメだということです。


インフルエンザ対策にダチョウのマスクが人気のようです。

ダチョウの卵(黄身)から抽出された抗体が、ウィルスを遮断することが出来るそうです。



新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報

virus-1812092_640.jpg

新型インフルエンザの知識と予防と対策

メキシコが震源地なった新型インフルエンザ。新型インフルエンザの大流行は、知識として確実に起こることはわかっていたですが、いざ発生すると、まさかこんなに早くやってくるなんてという驚きで一杯でした。

この新型インフルエンザの警戒度数は、最高の6である一つ手前の「フェーズ5」にまで、危険度がたっしてしまったのです。その一つ先の「フェーズ6」は、「パンデミック」に突入してしまうのです。そうなれば、世界で戦争、テロがあちこちで勃発するようなものなのです。その一歩手前の状況の中で、私達は、どのようにして、この、新型インフルエンザのウィルスから身を守るのか?ということを一刻も早く、知識から知恵に変えるように、今こそ深く知る時でしょう。


インフルエンザに対する基礎知識は、大丈夫ですか?

今回のインフルエンザは、メキシコに端を発したわけですが、その、インフルエンザウィルスは、豚から人へ感染でした。メキシコでは、死者は、100人を越え、人から人への感染によって、豚インフルエンザが、新型インフルエンザになってしまったです。インフルエンザウィルスは、そのたんぱく質の種類によって、A、B、Cの3つの型に分けられます。そのウィルスは、人や、鳥、豚、馬などの動物に感染します。多くの場合、その型はA型ウィルスだということです。

そのA型の中に、また、タイプと種類に、「H1N1」「H5N1」などと、分けることが出来ます。ウイルスは生きた細胞の中でしか生存できないので、宿主が死ぬとウィルスも死滅します。もともと、ウィルスは、鳥から鳥といった、同じ種類には、感染するが、鳥から人などに感染しにくいのです。ウィルスの変異によって鳥から人へ、また豚から人へという新型のインフルエンザが生まれるわけです。

当サイトでは、インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。

サイト運営者:Hiromi


おすすめ記事

「平成29年度インフルエンザQ&A」に関する厚生労働省からの通達 Feb 20, 2018
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Jan 05, 2018
新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 24, 2017
「塩うがいと衛生管理」インフルエンザや風邪の予防と対策の習慣の必要性 Nov 30, 2017
インフルエンザの流行期へ:「納豆やマイタケ」で予防対策 Nov 18, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス