インフルエンザ予防接種受ける人、受けない人の割合

インフルエンザの予防接種、受けない人が受ける人を上回る…楽天リサーチ調べ

昨年の接種状況と本年度の接種状況の相関性を見たところ、昨年受けた人は今年も接種済み(予定)という人が86.5%と多く、逆に昨年受けていない人は今年も受けない(予定)人が69.0%と多かった。

「受けない(受けない予定)」と回答した人にその理由を聞くと、全体では「受けてもインフルエンザにかかるときがあるから(37.2%)」、「有料で受けることになるから(29.7%)」「日ごろの風邪予防だけで十分だから(23.4%)」という結果になった。  【ダイエットクラブNEWSより抜粋】:詳細は、こちら






【中国】:鳥インフルエンザ猛威の予兆、警戒レベル一気に引き上げへ

 上海市や安徽省など、中国本土の2市10省と台湾で少なくとも136人への感染が確認され、このうち45人が死亡した「鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)」が今秋以降、再び猛威を振るうのではないかとの懸念が広がっている。(フジサンケイビジネスアイ)

中国で再流行すれば、人的往来の多い日本にも感染が飛び火する恐れがあるだけでなく、日本を含む外資系企業の対中ビジネスの減速要因ともなる。産経ニュース


インフルエンザ特効薬「イナビル」がすごいらしい

乾燥の時期に毎年増えるインフルエンザ。

今年もインフルエンザにかかる人が増えている様子。

ところで「イナビル」というインフルエンザの薬、ご存知ですか?


第4のインフルエンザ治療薬

吸入するタイプのインフルエンザ特効薬「イナビル」

新型インフルエンザの予防:早めの対策が必要です。

smoothies-2253430_640.jpg

今年4月に新型インフルエンザが、メキシコで確認され、夏を過ぎ秋もそろそろ終盤です。やがて冬が訪れます。今年の一年も残り少なくなってきました。

人々が恐れていた新型インフルエンザの恐怖、そして、パンデミック。

多くの人が、この新がインフルエンザに罹患しており、現在もなお、感染者が引き続き、増加している。

新型インフルエンザ対策も、その時々に、マスク不足で、一時的なパニックに陥るような状況も発生しました。

しかしながら、全国では、学校や公共の機関、民間の施設やその他においての、閉鎖や停止など多くの人たちの生活が制限されることを余儀なくされたにも関わらず、その新型インフルエンザの毒性の低さからか、季節性のインフルエンザの扱い程度で、推移しています。

ココしばらく、冷え込み、寒さも厳しくなってきました。

風邪や流行性のインフルエンザや、新型インフルエンザなど、冬は、寒さで、体力も消耗しがちです。

新型インフルエンザ対策も必要ですが、基本的に病気にかかりにくい体の抵抗力を高めるために、健康を意識することが大切です。


新型インフルエンザの予防と対策は11月から


さてさて、暑かった夏もすでに終わりを告げ、秋もいよいよ深まりを究めつつあるわけですが、これから寒くなる季節には、体調管理がとても重要になってきます。

当然、インフルエンザ対策も必要になってくるわけです。

「この時期だからこそ効果が上がる方法とは?」というわけで、インフルエンザ対策としておススメの記事をご紹介します。

こちら→インフルエンザ対策は11月から!この時期だからこそ効果が上がる方法とは?http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/eyenews/2012/11/11-2.html



「経済的な理由」等でインフルエンザ予防接種率は50パーセント以下

インフルエンザ予防接種しない54%…世帯所得による差が明確に


 今シーズンのインフルエンザ予防接種は、53.8%がしないつもりであり、世帯所得が低いほどしない割合が高い傾向にあることが、QLifeが11月21日に発表した調査結果より明らかになった。


 同調査は、11月9日~11月10日の2日間、世帯所得別に、インフルエンザの予防接種や治療法について、意識や知識の違いについてインターネット調査を実施した。バイアスを排除するためにQLife会員ではなく、外部の大手リサーチ会社のモニターを活用し、一般生活者1,000人を対象とした。


 インフルエンザの予防ワクチン接種は、同社の調べによると、地域によって多少の差はあるが、公的助成がない場合、大人1回で3,000円~3,500円の価格帯が多く見られるという。


 今シーズンのインフルエンザ予防接種の意向・実施について、「既にした」11.4%、「するつもり」34.8%、「しないつもり」53.8%と、半数以上がしないつもりだ。世帯所得別で差があり、「既にした」「するつもり」と回答した401~600万円世帯が41.6%であるのに対し、1001万円以上世帯では51.4%と10ポイント近く差がついた。

 インフルエンザ予防接種の値段について、「高い」60.2%、「適正」38.4%、「安い」1.4%と、6割以上が高いと感じている。1001万円以上世帯においても51.2%が 「高い」と答えており、予防接種の費用対効果について疑問を抱く人が多いようだ。

 インフルエンザの治療知識について、インフルエンザで熱が出た場合、解熱剤としては、特定の薬以外は使わない方が一般的に良いとされているが、このことを「知っていた」と回答したのは全体の40.3%。世帯所得別での認知度の差はみられなかった。

 インフルエンザの治療知識による世帯所得差はみられなかったが、自費診療の「予防」で顕著な差がみられた。長引く景気低迷や経済格差の拡大で予防接種を受ける割合が減ると、集団感染リスクが高まり、接種メリットが減ることが危惧されるという。

ソース元:http://www.rbbtoday.com/article/2012/11/22/98191.html

【インフルエンザ発生情報】:長野の上伊那の小学校で集団感染 

インフルエンザ 上伊那の小学校で集団感染 長野

 冬の足音とともにインフルエンザの流行期が近付いているが、今シーズン初めてのインフルエンザとみられる集団感染が長野県上伊那郡内の小学校で発生し、5年生の1クラスが21日から4日間の学級閉鎖となった。インフルエンザ様疾患の集団発生時期としては過去5年間で昨シーズンに次いで早い発生となる。


 県健康福祉部によると、このクラスでは28人の在籍児童のうち11人が発熱やのどの痛みなどの症状で欠席した。県伊那保健福祉事務所は児童から検体を採取してウイルスの特定を急ぐほか、管内の市町村など関係機関へ感染予防の周知を図っている。


 昨シーズンの県内は1060件の集団感染が確認され、1万36人の患者が発生して休校や学級閉鎖などの措置がとられた。

ソース元:http://sankei.jp.msn.com/region/news/121122/ngn12112220510002-n1.htm

インフルエンザの効果はなんで1シーズンだけなの?

毎年、この季節になるとインフルエンザワクチンの予防接種が始まるのですが、なんで毎年、毎年、病院へインフルエンザの予防注射を打ちにいかなければならないのだろう?


という素朴な疑問を感じることはありませんか?




効果の長期間持続するインフルエンザワクチンの実現は近い?

現在のインフルエンザワクチンは効果が半年程度しか持続しないため、毎年予防接種を受けなおす必要がある。しかし、米国立アレルギー・感染症研究所のGary J. Nabel氏によれば、長期間効果の持続するワクチンが近い将来には開発されるとのこと ・・・続き


「鳥インフル」は人から人へ感染する?!

「鳥インフル」は人から人へ感染する?!ワクチン開発など対抗策を呼びかけ【目からウロコ】
マイナビニュース
鳥インフル「H5N1」のしくみを解明東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らは、強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルス「H5N1」が哺乳類同士でも感染するしくみを解明した。将来、大勢の死者を出すのではと懸念されている新型インフルエンザ対策につながる成果として注目を ...

「たいていのテロ集団の能力を超えている」 強毒性鳥インフルエンザ製造法掲載
税金と保険の情報サイト
インフルエンザH5N1)ウイルスについては、テロリストに悪用される恐れがあるとして論文の公開が見合わされていた。3日英ネイチャー誌電子版にこの論文が掲載された。 現在、自然界に存在する同ウイルスは、人への感染力が弱い。毒性が強く、アジアなどで人に感染した ..


ヒト感染する鳥インフル変異株論文、英ネイチャー誌に掲載

ヒト感染する鳥インフル変異株論文、英ネイチャー誌に掲載
AFPBB News
ベトナム・ハノイ(Hanoi)の研究所で、鳥インフルエンザ・ワクチンの研究をする科学者(2005223日撮影、資料写真)。(c)AFP 53 AFP】テロリズムに悪用される懸念などから論文発表が見送られていた、ほ乳類間でも感染する高病原性鳥インフルエンザH5N1...


インフルエンザの感染率を抑える「R-1乳酸菌」使用のヨーグルト

インフルエンザウイルスや風邪ウイルス、がん細胞等と戦ってくれるナチュラルキラー(NK)細胞を活性化させる「1073R-1乳酸菌」というのがある。


その働きを示す調査結果が9日、東京・赤坂のホテルニューオータニにて発表された。


R-1乳酸菌を長期間摂取した佐賀県有田町に住む小中学生のインフルエンザ感染傾向などが紹介された。


以下、詳細をご覧ください。


R-1乳酸菌使用のヨーグルト摂取でインフルエンザ感染率が低下

昨年12月末までの中間報告によると、佐賀県はインフルエンザの感染レベルが高い地域にも関わらず、有田町は周辺地域、佐賀県(有田町を除く)と比べてインフルエンザの罹患率、欠席率が抑えられた結果となった。また、舟形町ではインフルエンザ感染の報告はなかった。今回公表された3月18日までの有田町のデータでは、隣接する地区と比較してインフルエンザ(A/B/新型)の感染率が低く、統計学的に有意差があることが明らかになった。

引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2011/08/10/nk/



おすすめ記事

新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 31, 2020
お知らせ Oct 11, 2017
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Aug 27, 2017
インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」 Aug 27, 2017
ダチョウのマスク:インフルエンザ対策 Aug 26, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス