インフルエンザの感染率を抑える「R-1乳酸菌」使用のヨーグルト - インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザ情報とマスク対策 ホーム » スポンサー広告 » ニュース » インフルエンザの感染率を抑える「R-1乳酸菌」使用のヨーグルト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

インフルエンザの感染率を抑える「R-1乳酸菌」使用のヨーグルト

インフルエンザウイルスや風邪ウイルス、がん細胞等と戦ってくれるナチュラルキラー(NK)細胞を活性化させる「1073R-1乳酸菌」というのがある。


その働きを示す調査結果が9日、東京・赤坂のホテルニューオータニにて発表された。


R-1乳酸菌を長期間摂取した佐賀県有田町に住む小中学生のインフルエンザ感染傾向などが紹介された。


以下、詳細をご覧ください。


R-1乳酸菌使用のヨーグルト摂取でインフルエンザ感染率が低下

昨年12月末までの中間報告によると、佐賀県はインフルエンザの感染レベルが高い地域にも関わらず、有田町は周辺地域、佐賀県(有田町を除く)と比べてインフルエンザの罹患率、欠席率が抑えられた結果となった。また、舟形町ではインフルエンザ感染の報告はなかった。今回公表された3月18日までの有田町のデータでは、隣接する地区と比較してインフルエンザ(A/B/新型)の感染率が低く、統計学的に有意差があることが明らかになった。

引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2011/08/10/nk/

スポンサーリンク


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。