新型インフルエンザワクチン接種>死亡の因果関係 - インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザ情報とマスク対策 ホーム » スポンサー広告 » ニュース » 新型インフルエンザワクチン接種>死亡の因果関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

新型インフルエンザワクチン接種>死亡の因果関係

ワクチン接種後に2人が死亡

新型インフルエンザのワクチンを接種した長野県の80歳代の男性と岐阜県の70歳代の男性が、接種のあとで死亡したことがわかりました。いずれも主治医は、ワクチン接種との明らかな関連があるとは言えないとしていますが、厚生労働省は、念のため因果関係を調べることにしています。(NHKニュース)

新型インフル、首都圏でも健康児にワクチン接種

14日の大阪府に続き、健康な小児に対する新型インフルエンザのワクチン接種が16日、東京都や埼玉県など5都県で始まった。子供を連れた親たちが次々と医療機関を訪れたが、既に予約がいっぱいのところも。厚生労働省は「ワクチンは順次出荷され、足りなくなることはない」と冷静な対応を呼びかけている(読売新聞)

■【サイト情報】新型インフルエンザ情報とマスク対策
スポンサーリンク


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。