新型インフルエンザで2歳の最年少幼児が死亡 - インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザ情報とマスク対策 ホーム » スポンサー広告 » ニュース » 新型インフルエンザで2歳の最年少幼児が死亡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

新型インフルエンザで2歳の最年少幼児が死亡

新型インフルエンザ:最年少、2歳女児が死亡

 盛岡市は1日、市内の女児(2)が新型インフルエンザに感染し、死亡したと発表した。基礎疾患はなく、厚生労働省によると、新型インフルの死者で最年少。また同日夕までに、兵庫県伊丹市の女児(8)と、京都市右京区の30代女性も死亡し、国内の新型患者の死者は疑い例も含めて43人となった。盛岡市保健所によると、女児は10月29日夜に39度台の発熱があり、1日朝に多臓器不全で死亡した。(毎日新聞)


新型インフルエンザのワクチンの接種が優先順位により、順次接種が開始されています。その間にも新型インフルエンザの感染の拡大は待ったなしです。

2歳のいたいけな女の幼児がなくなられたということす。幼児に症状が重くなっても、状態を説明できないことから両親がその幼児の状態をきちんと見守る必要性があることを訴えていました。

■新型インフルエンザについての知識と予防と対策
  ◆厚生労働省の最新情報
  ◆新型インフルエンザ関連情報

  ☆コラム・日記

■インフルエンザ対策グッズ
◆新型インフルエンザ関連書籍

スポンサーリンク


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。