新型インフルエンザの致死率は季節性と同程度 - インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザ情報とマスク対策 ホーム » スポンサー広告 » ニュース » 新型インフルエンザの致死率は季節性と同程度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

新型インフルエンザの致死率は季節性と同程度

アメリカのハーバード大学が行った新型インフルエンザの分析によると、その致死率は、毎年流行する季節性のインフルエンザと同程度であるということを発表しました。

この致死率は、1957年に流行した「アジア風邪」より低い数値となりました。この調査を結果により、これからの季節、感染力の強さに流行が、さらに広まる恐れが心配されていますが、新型インフルエンザに対してそんなに恐れる必要がないことを感じました。

でも、抵抗力の弱い、幼児やお年寄りなどは、やはり、基本のうがいやマスクなどの予防対策は欠かせません。

新型インフルエンザ:致死率、季節性並み 従来の10分の1--米チーム解析

新型インフルエンザの致死率は毎年流行する季節性インフルエンザと同程度の0・045%とする分析を、米ハーバード大などの研究チームがまとめ、米医学サイト「PLoS Currents」に発表した。これまでは、1957年から流行した「アジアかぜ」並みの0・5%程度とみられていた。

研究チームは、4~7月、米ミルウォーキーなど2市で入院した感染者、入院していない感染者のデータをもとに、通院しなかった人も含めた発症者を推計した。従来の解析では、確定診断を受けた患者に対する死者の割合を致死率として計算していた。【永山悦子】(毎日jp)

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報
スポンサーリンク


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。