巨人の育成選手の尾藤竜一投手(20)が新型インフルエンザ感染 - インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザ情報とマスク対策 ホーム » スポンサー広告 » ニュース » 巨人の育成選手の尾藤竜一投手(20)が新型インフルエンザ感染

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

巨人の育成選手の尾藤竜一投手(20)が新型インフルエンザ感染

プロ野球の巨人の選手が新型インフルエンザに感染していたことが判明しました。巨人の選手での新型インフルエンザの感染は始めて。

感染したのは、育成選手の尾藤竜一投手(20)です。同選手は、28日頃から発熱し、29日に川崎市内の病院の診察によって、新型インフルエンザの感染が判明しました。

現在のところ、容態は安定しているものの、他の選手とは、隔離して、静養中ということです。

大勢のファンの前でプレーをするプロのスポーツ選手たちは、常に体を鍛え、インフルエンザに対しての予防に関しても注意を受けているはずでしょう。

それだけ、新型インフルエンザのウィルスの感染力は強く、広く蔓延しているといわざるおえませんね。うがいやマスク対策は、予防の中でも基本なのですが、暮らしの中で、いつ収束するともわからない状態で、毎日、毎日、マスクをつけるというのは、余程、決められた施設や仕事などで無い限り、苦痛が伴うものです。

今後は、予防に対する意識の低下で、感染の拡大が心配されています。

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報


スポンサーリンク


スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。