【マスク】:インフルエンザの予防と対策

fever-thermometer-1935504_640.jpg

新型インフルエンザの感染が広がっています。新型インフルエンザのマスクでファッションセンスを競うというようなことをいっていらっしゃる方がいました。ちょっと不謹慎な発言ではないかなと感じたのですが。

でも、これだけ感染者が多く出ているのですが、季節性のインフルエンザと、新型インフルエンザと同じような感覚を持っていらっしゃる人が多いのにとても驚きます。

健康な成人であれば、感染したとしても、その症状は比較的軽く、中には感染してもほとんど発症せず、症状としてあらわれないという人もいるといいます。

でも、これからの季節は、特にウィルスが蔓延する季節ですから、新たな新型インフルエンザが出ないとも限りません。

マスク対策は、そのようなウィルス対策のまず、始めにできる基本の対策方法かと思います。マスクは、何もインフルエンザ対策のみで活用されるだけでは有りません。

通常の風邪などでは、人にうつさないためにもマスクは必要ですし、また、花粉症のかたにもまず、マスクは欠かせませんね。


インフルエンザの予防と対策の基本

人ごみが気になる場所へのお出かけ時、花粉の季節、 咳やクシャミが気になる時、ホコリが気になる お掃除の際などにも、おすすめです。通勤や通学など、日常生活において他人との接触は避けられません。すぐにできることの一つが外出時のマスク着用。顔全体をすっぽり覆うプリーツ型で、鼻にぴったりフィットするノーズフィッターと肌触りの良い不織布によって快適な着け心地を実現しています


細菌遮蔽率(BFE)99%以上!米国NELSON 検査研究所規格の高い防塵性能を 兼ね備えている圧着3層構造の使い捨てマスク。 官公庁、大手企業にも納入実績のある最高品質マスクです。

通気性が良く、爽やかな装着感です。

大きく広がる3段プリーツで、鼻から口元・顎下まで 広く覆うことができます。

マスク上部のノーズブリッジにより呼吸漏れが少ないので、 メガネも曇りにくく、メガネをご使用の方でも使いやすい。

耳が痛くなりにくい柔らかい丸ゴムを使用。



インフルエンザ対策に優れた光触媒マスク

インフルエンザの感染が猛威を振るっています。真冬の寒い季節には、インフルエンザウィルスの感染率は高くなります。

新学期が始まるや否や学級閉鎖になった学校もあり、これからの季節、インフルエンザの感染に注意しなければなりません。インフルエンザの感染予防のために大切なことは、人のいる場所での空気感染を防ぐためのマスクの着用です。

光触媒でインフルエンザ予防するはマスク対策はとても優れています。

光触媒マスクは、使い捨てではなく繰り返し何度も使用することが出来ます。





マスクフリーでインフルエンザ対策

わたし達の生活と暮らしの中では、体に悪影響を及ぼす様々な危険と隣りあわせで、毎日を過ごしているのです。人は生きるためには、鼻や口から呼吸をしなければなりません。


体に害を及ぼすいろんなウィルスが、口や鼻から入ってきます。今とても心配なのは、新型インフルエンザです。日頃の予防対策は欠かせません。多くの方の予防対策の一つにマスクがあります。

マスクって外国ではほとんどしない国もあるのだそうです。

今、注目されているのが「マスクフリー」という商品です。

マスクフリーを試してみました。

リンゴのフルーツの味とさっぱりとした後味のミントをくわえた美味しいタブレット方のサプリメントです。サプリメントなので栄養補助食品として健康の為に、インフルエンザの予防の為におススメだということです。


インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」

landscape-2665957_640.jpg

今シーズンのインフルエンザワクチンの製造量は、昨シーズンよりも約100万本少ない約2500万本の見通しとなる予想が出ました。

インフルエンザワクチンの接種回数は、13歳以上は、一人一回にしてほしいと厚労省が呼びかけています。

予定されるワクチンの製造数が減少した直接の原因は、製造の開始が遅れたことによるものなのだそうですが、新しいワクチンの製造から始めたのが、思うように伸びずに、急遽、去年と同じワクチンの製造に切り替えたことにより、遅れたという事です。

インフルエンザがどのくらい流行するのかは、実際、シーズンにならなければわからないのですが、予防と対策に心がけたいものです。

インフルワクチン製造量減少へ 「13歳以上は1回に」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170826/k10011112991000.html





ダチョウのマスク:インフルエンザ対策

ostrich-1340635_640.jpg

新型インフルエンザはダチョウの卵でマスクを作る?なんてことを言ってた人がいるけれど、それがインフルエンザの感染を防ぐ特効薬みたいな効果があるのでしょうか?

とまあ、あまり内容は詳しくは知らないのですが、NHKの公式サイトに記事が載っていたらしいです。ダチョウの卵といっても、あれはかなりでかいです。

一体、どこのどの部分にそんな効果があるのかというと、黄身をもちいることで抗体をつくりその抗体をマスクに取り付けることで感染を更に防ぐとことの出来るフィルターが作られるということです。

鶏の卵もダチョウの卵も、大きさに違いがあるくらいで、中身は同じようなものかとも思っていました。

むかし、ダチョウの卵焼きというのを食べたことがありましたが、ほとんど、鶏の卵と味は変わらなかったような記憶があります。




今年の冬(2017年4月30日)のインフルエンザについて発表

vaccination-67477_640.jpg

国立感染症研究所、厚生労働省結核感染症課から、今冬のインフルエンザについて (2016/17シーズン)掲載されています。

詳しくは、こちら:https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/590-idsc/7323-fludoko-2016.html

をチェックしてください。


お薬を一回飲むだけ:インフルエンザの画期的治療薬

diabetes-528678_640.jpg

インフルエンザ罹患時に、患者に一回のお薬の投与で細胞内でのウィルスの増殖を防ぐ効果が期待できるということです。

また、インフルエンザの症状の回復期間も短くなるということです。

今年度(2017年)中には国内で承認申請を行う予定で、来年の2018年度には、インフルエンザの治療薬の販売が見込まれています。

詳細:1回飲めば治療は終わり…塩野義製薬が開発するインフルエンザ治療薬は何がすごいのか




フェカリス菌:冬の猛威に備えるインフルエンザ対策


今年のインフルエンザ対策は“内側”から 新キーワードは「フェカリス菌」

 冬になると毎年感染者が増える「インフルエンザ」。日本では年間で約1000万人が感染すると言われている。そんな中、今年インフルエンザ対策として注目が集まっているのが「フェカリス菌」。本格的なインフルエンザ流行シーズン到来に備え、事前に予習をしておきたい。


まず生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研が、20~40代の女性500名を対象に行った調査では、昨シーズン「同居する家族」がインフルエンザ感染した割合は5人に1人。さらに「同じ職場」では半数にも及んだ。かなり多くの人が感染している ・・・続き・詳細:MSN トピックス


インフルエンザ対策グッズ

■マスク~新型インフルエンザ
■対策グッズ~新型インフルエンザ
■関連書籍~新型インフルエンザ

インフルエンザ対策にサージカルマスク【マスク対策】

安全・清潔・持運び便利!高品質フィルタ使用3層プリーツフェイスマスク 50枚(個別包装タイプ)不繊布マスク・使い捨てマスク(箱入り セット)



【関連書籍】
■新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック


パンデミック感染
大爆発!!寸前


■新型インフルエンザ対策ハンドブック

強毒性H5N1型ウイルス
襲来に備える!


おすすめ記事

新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 31, 2020
お知らせ Oct 11, 2017
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Aug 27, 2017
インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」 Aug 27, 2017
ダチョウのマスク:インフルエンザ対策 Aug 26, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス