A型インフルエンザウイルスの抗体発見

A型インフルエンザウイルスの抗体発見…新薬に期待も

 どんなタイプのA型インフルエンザウイルスにも反応して、働きを抑える抗体を、藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)の黒澤良和学長ら研究グループが発見した。


 同大は「万能ワクチンの開発につながるもので、パンデミック(世界的大流行)が心配される新型ウイルスにも防御力を発揮する可能性がある」とみている。研究成果は、24日公開の米ウイルス学専門誌(電子版)に掲載された。

 A型ウイルスは、人の体内に感染すると頻繁に変異しやすいため、単一の抗体では発病を抑えられないと考えられてきた。ワクチンなどが効きにくいのもそのためだ。

 研究グループは、1944、60、74年生まれの男性小児科医3人の血中から、68年に流行した香港かぜのA型ウイルスに反応する様々な抗体を抽出。その働きを解析した結果、74年生まれの医師が持つ抗体の一つが、変異せずに共通して存在するウイルス部位に結合し、発病を抑え込んでいることが分かった。香港かぜ以外の別のタイプにも効果のあることも確認した。

 黒澤学長は「抗体が特定の部位を認識するメカニズムなどを解明できれば、新薬の開発につながる」としている。

(2011年8月25日15時22分 読売新聞)

【インフルエンザ対策予防グッズ】:漢方薬・


 お薬の中にはとても優れたお薬があります。


薬の中でも漢方薬は化学合成のお薬より、体に優しく副作用も少ないといいます。



インフルエンザ予防対に「カイジ顆粒」をおすすめします。



インフルエンザは日本でも毎年感染者が発生しているわけですが、インフルエンザにかかりにくくするためには、普段から抵抗力を高め体を健康に保つ必要があります。



要するに外からの病原菌に負けないための強い体質を保つことです。



カイジ顆粒は、医薬品の漢方の新薬として、抗がん用に用いられるのです。それは、やはり、体の免疫力を高めることに主眼をおいています。がんの治療に効果をもたらすものは、QOLの向上がとてもたいせつなことなのです。



インフルエンザは、毒性は比較的弱いとされるもののその特徴は、免疫力の少ない若年層に感染が広がっている傾向が顕著とされ、感染力そのものも強く、依然、日本各地にそのインフルエンザが拡大中なのです。



世界的にも現在、日本と気候が反対の南半球に位置するオーストラリアでは、感染者がかなりの勢いで増加しているということなのです。



日本の医療機関においても、秋から冬に向かって、インフルエンザが猛威をふるうことに注意を喚起しています。



日頃から健康のためにも抵抗力のある体作りが大切です。







おすすめ記事

新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 31, 2020
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Aug 27, 2017
インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」 Aug 27, 2017
ダチョウのマスク:インフルエンザ対策 Aug 26, 2017
今年の冬(2017年4月30日)のインフルエンザについて発表 Aug 22, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス