新型インフルエンザの致死率は季節性と同程度

アメリカのハーバード大学が行った新型インフルエンザの分析によると、その致死率は、毎年流行する季節性のインフルエンザと同程度であるということを発表しました。

この致死率は、1957年に流行した「アジア風邪」より低い数値となりました。この調査を結果により、これからの季節、感染力の強さに流行が、さらに広まる恐れが心配されていますが、新型インフルエンザに対してそんなに恐れる必要がないことを感じました。

でも、抵抗力の弱い、幼児やお年寄りなどは、やはり、基本のうがいやマスクなどの予防対策は欠かせません。

新型インフルエンザ:致死率、季節性並み 従来の10分の1--米チーム解析

新型インフルエンザの致死率は毎年流行する季節性インフルエンザと同程度の0・045%とする分析を、米ハーバード大などの研究チームがまとめ、米医学サイト「PLoS Currents」に発表した。これまでは、1957年から流行した「アジアかぜ」並みの0・5%程度とみられていた。

研究チームは、4~7月、米ミルウォーキーなど2市で入院した感染者、入院していない感染者のデータをもとに、通院しなかった人も含めた発症者を推計した。従来の解析では、確定診断を受けた患者に対する死者の割合を致死率として計算していた。【永山悦子】(毎日jp)

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報

巨人の育成選手の尾藤竜一投手(20)が新型インフルエンザ感染

プロ野球の巨人の選手が新型インフルエンザに感染していたことが判明しました。巨人の選手での新型インフルエンザの感染は始めて。

感染したのは、育成選手の尾藤竜一投手(20)です。同選手は、28日頃から発熱し、29日に川崎市内の病院の診察によって、新型インフルエンザの感染が判明しました。

現在のところ、容態は安定しているものの、他の選手とは、隔離して、静養中ということです。

大勢のファンの前でプレーをするプロのスポーツ選手たちは、常に体を鍛え、インフルエンザに対しての予防に関しても注意を受けているはずでしょう。

それだけ、新型インフルエンザのウィルスの感染力は強く、広く蔓延しているといわざるおえませんね。うがいやマスク対策は、予防の中でも基本なのですが、暮らしの中で、いつ収束するともわからない状態で、毎日、毎日、マスクをつけるというのは、余程、決められた施設や仕事などで無い限り、苦痛が伴うものです。

今後は、予防に対する意識の低下で、感染の拡大が心配されています。

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報



新型インフルエンザによる、学級閉鎖などが相次ぐ~関西

新型インフルエンザの集団感染による、学校などの団体施設などでの、閉鎖などが依然、相次いでいるということです。

関西方面の兵庫などを中心とする阪神地区では、小中校の学級閉鎖が32校にもおよぶということなのです。毎日新聞の集計によれば、25日は、7市で、32校の学級、学年、及び学校閉鎖があったという結果です。

新型インフルエンザの感染力と、その広がりは、勢いがなかなか衰えないのですが、暮らしの中で、生活を普通に行う上で、感染にばかり、注意を払うことは、なかなか難しいことです。

外出時に、人ごみをなるべく避け、マスクを日常的にすることが、新型インフルエンザの予防対策のポイントの一つとなるわけですが、いつまで続くのかわからない、感染対策に、半分は、諦めとお手上げの状態のような気もします。

救われるのは、感染力が強いわけですが、その毒性が低いということでしょうか。しかしながら、国内では、新型インフルエンザによる死者も出ていることから、今後は、気を引き締め予防対策を積極的に求められるような状況になるのでしょう。

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報

新型インフルエンザの流行状況をネットで速報、初の試み

岐阜県では、県や県の医師会が中心となって、9月の25日から、新型インフルエンザの県内での発生状況をインターネットでリアルタイムに公開するシステムの運用を開始しました。

県内を27に区分し、ネットの地図上において、患者の発生状況をリアルタイムに開示することで、いち早く、新型インフルエンザの感染予防に役立ててもらおうというものです。

その情報を提供しているサイトは、
こちら→県リアルタイム感染症サーベイランス

今のところ、岐阜県に限られているわけですが、小さなお子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭では、これからの季節、新型インフルエンザの動向は、少しでも早い情報を取得することが、大切な予防の一つですね。

毎日、午後8時30分に更新されるということです。

■インフルエンザ対策グッズ
■総合案内~新型インフルエンザ関連情報

新型インフルエンザ>ワクチン備蓄

新型インフルワクチン、6000万人分は確保 厚労相「来春までに」

 新型インフルエンザのワクチンについて、舛添要一厚生労働相は4日の閣議後会見で、海外メーカーから輸入分を含めて「6000万人分以上は確保できる」との見通しを明らかにした。供給開始は国内メーカー分は10月下旬以降の予定だが、舛添厚労相は「優先接種対象を決め、態勢が整い次第、接種できるようにする」と述べた。

 現在、複数の海外メーカーと交渉中で、副作用が起きた際の免責を求めているメーカーもあるという。国が補償するためには法改正が必要な場合もあり、舛添厚労相は「必要量を確保できるように目の前の危機に対応したい」とした。

 輸入にかかる費用については「交渉中のことなので申し上げない」としたが、「国内・輸入分を合わせて来年春までには全部確保したい」としている。NIKKEI NET

PR
■【エコスモーカー】タバコそっくり!タールは0!~健康器具・グッズ
http://kenkousinan.blog47.fc2.com/blog-entry-295.html" target="_blank" title="■健康関連グッズ~予防対策・検査グッズ">■健康関連グッズ~予防対策・検査グッズ
■医・食同源 健康おすすめ商品


おすすめ記事

新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 31, 2020
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Aug 27, 2017
インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」 Aug 27, 2017
ダチョウのマスク:インフルエンザ対策 Aug 26, 2017
今年の冬(2017年4月30日)のインフルエンザについて発表 Aug 22, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス