新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報

virus-1812092_640.jpg

新型インフルエンザの知識と予防と対策

メキシコが震源地なった新型インフルエンザ。新型インフルエンザの大流行は、知識として確実に起こることはわかっていたですが、いざ発生すると、まさかこんなに早くやってくるなんてという驚きで一杯でした。

この新型インフルエンザの警戒度数は、最高の6である一つ手前の「フェーズ5」にまで、危険度がたっしてしまったのです。その一つ先の「フェーズ6」は、「パンデミック」に突入してしまうのです。そうなれば、世界で戦争、テロがあちこちで勃発するようなものなのです。その一歩手前の状況の中で、私達は、どのようにして、この、新型インフルエンザのウィルスから身を守るのか?ということを一刻も早く、知識から知恵に変えるように、今こそ深く知る時でしょう。


インフルエンザに対する基礎知識は、大丈夫ですか?

今回のインフルエンザは、メキシコに端を発したわけですが、その、インフルエンザウィルスは、豚から人へ感染でした。メキシコでは、死者は、100人を越え、人から人への感染によって、豚インフルエンザが、新型インフルエンザになってしまったです。インフルエンザウィルスは、そのたんぱく質の種類によって、A、B、Cの3つの型に分けられます。そのウィルスは、人や、鳥、豚、馬などの動物に感染します。多くの場合、その型はA型ウィルスだということです。

そのA型の中に、また、タイプと種類に、「H1N1」「H5N1」などと、分けることが出来ます。ウイルスは生きた細胞の中でしか生存できないので、宿主が死ぬとウィルスも死滅します。もともと、ウィルスは、鳥から鳥といった、同じ種類には、感染するが、鳥から人などに感染しにくいのです。ウィルスの変異によって鳥から人へ、また豚から人へという新型のインフルエンザが生まれるわけです。

当サイトでは、インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。

サイト運営者:Hiromi


インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」

landscape-2665957_640.jpg

今シーズンのインフルエンザワクチンの製造量は、昨シーズンよりも約100万本少ない約2500万本の見通しとなる予想が出ました。

インフルエンザワクチンの接種回数は、13歳以上は、一人一回にしてほしいと厚労省が呼びかけています。

予定されるワクチンの製造数が減少した直接の原因は、製造の開始が遅れたことによるものなのだそうですが、新しいワクチンの製造から始めたのが、思うように伸びずに、急遽、去年と同じワクチンの製造に切り替えたことにより、遅れたという事です。

インフルエンザがどのくらい流行するのかは、実際、シーズンにならなければわからないのですが、予防と対策に心がけたいものです。

インフルワクチン製造量減少へ 「13歳以上は1回に」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170826/k10011112991000.html





今年の冬(2017年4月30日)のインフルエンザについて発表

vaccination-67477_640.jpg

国立感染症研究所、厚生労働省結核感染症課から、今冬のインフルエンザについて (2016/17シーズン)掲載されています。

詳しくは、こちら:https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/590-idsc/7323-fludoko-2016.html

をチェックしてください。


お薬を一回飲むだけ:インフルエンザの画期的治療薬

diabetes-528678_640.jpg

インフルエンザ罹患時に、患者に一回のお薬の投与で細胞内でのウィルスの増殖を防ぐ効果が期待できるということです。

また、インフルエンザの症状の回復期間も短くなるということです。

今年度(2017年)中には国内で承認申請を行う予定で、来年の2018年度には、インフルエンザの治療薬の販売が見込まれています。

詳細:1回飲めば治療は終わり…塩野義製薬が開発するインフルエンザ治療薬は何がすごいのか




フェカリス菌:冬の猛威に備えるインフルエンザ対策


今年のインフルエンザ対策は“内側”から 新キーワードは「フェカリス菌」

 冬になると毎年感染者が増える「インフルエンザ」。日本では年間で約1000万人が感染すると言われている。そんな中、今年インフルエンザ対策として注目が集まっているのが「フェカリス菌」。本格的なインフルエンザ流行シーズン到来に備え、事前に予習をしておきたい。


まず生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研が、20~40代の女性500名を対象に行った調査では、昨シーズン「同居する家族」がインフルエンザ感染した割合は5人に1人。さらに「同じ職場」では半数にも及んだ。かなり多くの人が感染している ・・・続き・詳細:MSN トピックス


インフルエンザ情報とマスク対策:更新情報

インフルエンザ情報とマスク対策


ご訪問、誠にありがとうございます。


上記における当サイトの記事・情報の内容を一部変更、更新いたしました。


今後ともどうぞ よろしくお願い致します。


インフル発症時の注意点


インフル発症時に注意すること


まず、インフルエンザの症状として、40度前後の急な発熱や全身の倦怠(けんたい)感、関節の痛みなどがみられます。

薬物療法で万全と考えず、休養を十分取り、抵抗力を高める治療が求められ、特に、成長期の子どもは脳の合併症を起こしやすいので注意が必要。

インフルエンザ情報とマスク対策:情報メモ(備忘録)


人間の体温は、1℃下がると

人間の体温は、1℃下がると免疫力が30%下がるそうです。免疫力が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなったり、新陳代謝が落ちて太りやすい体質になったり、全身の機能が落ち、肩こり・腰痛・頭痛・めまい・だるさ・不眠・肌荒れ・下痢などの様々な不調の原因となります。冷え性の改善・予防、または体調を改善するために体温を上げることがのぞましいのです。


フェカリス菌

フェカリス菌:インフルエンザの予防対策キーワード



インフルエンザにかかった後の身近な病気の恐ろしい後遺症

インフルエンザにかかってから7年間食事を取らなかった女性 身近な病気の恐ろしい後遺症

ダイエットやデトックスの一つとして、プチ断食が流行っています。
しかし、世界には食事をしたくてもできない人もいるようです。


イギリスで起きた、食事に関するあるニュースが話題となっています

サイトはこちら


「インフルエンザが流行の兆し」:予防対策をしっかりと


12月に入って、「やっと」というか、「とうとう」というか、

「やっぱり、ことしも寒い冬がやってくるのね。」っていう感じで、今年も冷たくて寒い冬の季節がやってきまたし。

インフルエンザの予防接種も無事にすませていますが、そろそろ、ちまたでは、インフルエンザの流行の兆しが見え始めています。

寒い冬の季節は、体調も崩しがちです。

毎日の健康管理に注意して、病院や施設など人ごみなどでは、マスクを装着するなどインフルエンザ対策も怠らないようにしましょう。

おすすめ記事

新型インフルエンザ情報とマスク対策:サイト情報 Dec 31, 2020
【マスク】:インフルエンザの予防と対策 Aug 27, 2017
インフルエンザワクチンの接種、「13歳以上は一回で十分効果がある」 Aug 27, 2017
ダチョウのマスク:インフルエンザ対策 Aug 26, 2017
今年の冬(2017年4月30日)のインフルエンザについて発表 Aug 22, 2017

PR

空気清浄機:360度吸引の空気清浄機 PM2.5 タバコ 花粉 ホルムアルデヒド ホコリ ウイルス ペット臭対策
防毒マスク:4点支持で高いフィット性のため漏れ込みを軽減
ソリューションウォーター:菌の除去に!アルコールなどの従来消毒剤の1/5〜1/10の費用です!!次亜塩素酸

インフルエンザ情報とマスク対策

インフルエンザの予防にはうがい消毒、マスクは不可欠です。家庭で出来る新型インフルエンザについての情報と対策、予防と知識を、厚生労働省、各情報機関の最新ニュースをお届けします。 サイト運営者:Hiromi
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス